最近の若い子は‥‥

あさの山手線。
銀座に向かう電車内での出来事です。
比較的空いていて、立ってる人もまばらな状況。
優先席と書かれた3人がけのシートには、10~20代の女性が1人、40代前半位の女性が1人、70代位の女性が1人、座っています。

f:id:aoi72:20180803154524j:plain
そこに、
とある駅から乗車してきたのは、ギターのような大きな楽器を背負った60~70代位の女性です。

表情険しく電車内に乗り込み、座っている若い女性の前に立つと、
「 あのさ!ここ、優先席なのよ‼️‼️ 」と、いきなり大声を張り上げました。

隣の40代位の女性はかなり驚いて立ち上がり、

「こちら、どうぞ、、」と席を譲ろうとすると、

「私は結構です!」と怒り口調。

40代位の女性は、別の車輌に逃げるようにして移動していきました。

10~20代の女性は、一度顔をあげ周りを見渡し、
そのままスマホに視線を落とします。


その態度が気に入らなかったのか、

「あなた日本人?中国人??」

「言ってもわかんないのかなー!」

「ここね、プライオリティーシート‼️‼️」
「プライオリティーーシーーーート‼️‼️‼️‼️」
って、遠く離れた車両にいても聞こえるような大声で叫ぶわけです 。

ミシュラン星付きセレクションがワインをおトクに買える裏技!

要は、
ここは優先席だから、若いあなたが座る場所じゃない、立ちなさい。と言いたかったんでしょう。
「いやいや、ちょっとまてよ!!」って、私が間に入ろうとしたら、大声で叫ぶ女性の隣に立っていた70~80代位の男性が助け舟。

「そんな言い方しなくてもいいだろ」って、落ち着いた口調で上手く女性を説くわけです。
「俺も障害者だけどさ、今他も席空いてるし、そんな言い方しなくてもいいじゃないか?」
「私だって膝に障害抱えてるのよ、いったいあなたはどこが障がい者だっていうの!!??」
‥少しの時間、どっちがより障害者か、的な言い合いもしてたけど、でもそのおかげで、女性の矛先が若い女性から少しずつ離れていったのは事実。

男性は、「 伝え方が大事だ 」と、一貫して伝えていました。

のどの手術をしていて、声を出しずらい状態らしいのに。

女性は終始興奮。

車内で言い合うと周りに迷惑と感じたのか、男性は女性を促して目的ではない駅で降車しました。

男性のふるまい、ほんと素敵だな、そんな自分でありたいなと、電車を後にする後ろ姿に感謝しました。

 年配女性の考えもわからなくないけれど、物は言いよう。

いきなり高圧的な態度で、しかも他人の前で大声で叫ぶ行為。

このひと痛い、残念だなって。

怒りのコントロール、アンガーマネジメントですよね。

f:id:aoi72:20180803161002j:plain

それと、当たり前なんだけど、

内部障害を抱えている 」のかもしれないし、
「 妊娠中の辛い時期 」だったのかもしれない。

自分の感情を優先し、叫び・優越感に浸る前に、

まず自分が、目の前にいる人の事情を分かろうとすることが最優先。

「新どろあわわ」誕生!発売記念キャンペーンで1,000円OFF!
若い女性は、優先席に座ってスマホをいじってはいたけれど、次の駅に着くたび、

周りの状況に目を配っていました。

最初から優先席ってわかってる。

電車内は比較的空いている。
状況に応じて、気持ちよく席をお譲りする。

そう思っていたんじゃないかな。
別にこれは優先席だからじゃなくて、どの席でも同じことだけど。

 

‥‥そういえば、すこし前に自分も恥ずかしい経験をしました。

優先席じゃないけれど、年配の杖を突いた方がいらしたので、

「よろしければ、どうぞ」、と立ち上がったところ、

「私はまだ若いし、障害者じゃないから結構」と迷惑そうに言われて、

すごく恥ずかしい思いをしました(笑)

でも年配の方は「見た目で判断されて、不快」だったのかな。

 

どっちがいいとか悪いとか、そんなことはどうでもよくて、

見た目だけで、「 障害の有無 」や「 その人の辛さ 」は、わからないのだから。

目に映る光景の一瞬だけを見て
浅はかな判断を下すのは誤りだ、と私は思う。

f:id:aoi72:20180803161817j:plain

わたしはまだ30代で、年配の方々に教えていただきたいことは山ほどある。

若年・中年・老年と無理に分けるとするならば、

自分は中年の域にいる。

若者の考えに理解を示し、向き合うこと。

老年の考えに尊敬の意を表し、学ぶ姿勢で向き合うこと。

まず「 自分 」が、目の前にいる人の事情を分かろうと努力しないと。

あの若い子、周りがみえていたよ。

 

自分の「若いころ」を考えると、今の10代や20代の人たち、

しっかりしてる。私はそう思う。

 

最近の若い子は、そこまで落ちていない。