大切なのは、「 続ける 」こと

一昨日、災害派遣先である、岡山県倉敷市真備町から戻りました。

今回、災害派遣チームのリーダーとして、派遣の要請から中2日。

要請にこたえるべきかどうか‥‥。

すごく迷ったのは事実です。

非難している方々を目の前にして、どんな声を掛けたらいいのか。

そもそも、自分に何ができるんだろう‥。

心配や不安を抱えながら準備をしたことを思い出します。

f:id:aoi72:20180730162526j:plain

 今ならウォーターサーバープレゼント中【シンプルウォーター】

派遣先では専門職としての活動というより、

「対外的な交渉」

「チームのマネジメント」

「メンバーの『からだ』と『こころ』の管理」が主な業務でした。

派遣されるメンバーは、みんな初対面。

でも、自分を除き現場で活躍している方々で、専門性も非常に高いメンバーだったので、ほんとに助けられました。

f:id:aoi72:20180730170433j:plain

いろんな分野の災害派遣員は、それぞれの思いをもって活動していますが、

大切なのは「継続性」だと思います。

なぜならば、我々は被災地の方々にとって一時的な支援にしか過ぎず、

残された被災地のみなさんの日常は、いまもこうして動いているのですから。

f:id:aoi72:20180730171200j:plain

現地でお世話になった方、
しんどい思いをしているのに、

我々に気遣ってくださったみなさん。

f:id:aoi72:20180730172149j:plain

災害派遣員としての活動はいったん終了しましたが、

真備町への思い、

違う形での支援は、これからも続きます。